トピックス

Stay`s OTARUの件

  • お知らせ
Stay`s OTARUの件

2019年7月にて小樽に位置するStay`s OTARUというホテルで省エネ樹脂サッシを取り付けました。

外側は日本製アルミサッシ、内側はKARVIの省エネ樹脂サッシです。

59d80a36-5fde-4c81-b567-ceb6d4209eca-3 jpeg-image-12

先日、窓の不具合に関する問い合わせが来て、このような問題が生じるのはもちろん望ましくない事態です。

しかし、日本において最新技術省エネ樹脂窓はまだ普及されていない事実もあり、内開き・内倒し開閉方法に馴染みのないエンドユーザーは窓を正常に開閉できないため、窓の金具に不具合が発生します。

jpeg-image-11  jpeg-image-13

事態の長所として、それは樹脂窓市場において活躍できる場を作り、先駆者の位置をとてます。

また、なぜこのようなことが起きているかと言いますと、Stay`s OTARUのホテルは元々外国籍の観光客を対象に建てられ、海外では樹脂サッシが広く普及されているため、窓の開閉がよく知られている。

窓の開閉を説明するシールが窓の扉に貼ってあります。

jpeg-image-12

金具の調整が必要な場面がこれからも発生すると思われるが、KARVI JAPANは喜んで作業を行い、顧客に差新技術省エネ樹脂サッシ窓システムの大事さについて説明します。

KARVIの省エネ樹脂サッシ窓システムが2つおきの家に設置されれば、全国希望で冷房の節約は原子力発電所により生成された電力が受容されなくなるほど著しくなります。